綺麗になる産後ヨガ - 腹筋がポイント

私自身が現在妊娠9ヶ月。さすがに訪問のプライベートヨガは自粛していますが、熱烈ご希望頂いている方を引き続き自宅にて担当させて頂いています。

本日の方は、産後のダイエットでのご利用♪
初回訪問時、「腹筋の使い方がわからない」と仰っていたのをはっきりと覚えています。

特に産後は、腹筋自体が落ちてしまっていたり、腹直筋が離開してしまって力が入らないので、ヨガのポーズで「腹筋に力を入れて」と言われても入らない!という方が多いです。みなさんそうなので安心してください♪

 

ヨガの第一歩は腹筋から

私のプライベートヨガは、かなり腹筋に重点を置いています。
特に産後の方は、お腹まわりが気になる方が多いですし、身体の中心となる骨盤をしっかりと支えるという意味においても、非常に重要な筋肉だからです。

「腹筋を鍛える」というと、体育でやるような、膝を立てて仰向けから起き上がるクランチを想像する方が多いと思いますが、産後は注意が必要です。特に腹直筋が離開している場合、クランチをしてしまうと、逆に離開が広がり戻らなくなってしまうリスクがあるからです。

腹直筋について、産前産後の腹筋の違いはこちらのコラムに詳しく書いてあるので、ご参照下さい。

そこで、私のプライベートヨガでは、腹横筋を鍛えます。横からグイ!っとコルセットの様にお腹を支えるのです。腹直筋を鍛えるのは、しっかりと離開していないことが確認できてから。うるさいほど、呼吸と腹筋の使い方をあらゆるヨガのポーズでお伝えしています。しつこいよ!って位ですが、これが効くのです!(笑)

 

大手スタジオでやっていたのはなんだったんだ。。。と、ほとんどの方が言われます(笑)

今日のお客様も、ご妊娠前は大手スタジオで週2-3回、しっかりとヨガをされていらっしゃった方。一通りのポーズはご存知ですし、非常にスムーズに動かれます。柔軟性もばっちり♪

ただ、今日も仰っていた一言。

「同じ戦士のポーズとは思えない」

ありがとうございます(笑)

ヨガのポーズって、簡単そうで、実はとても奥が深いのです。細かい筋肉、意識の向け方一つで、同じポーズとは思えないほど負荷や気持ちよさが変わってきます。もちろん、そのためには、相応の筋力や柔軟性が必要な場合が多いですが、正しい呼吸法とトレーニングを積めば、どんどんと深めていくことができます。

今日のお客様も、まだ始められて2ヵ月程度ですが、初回と今日の違いと言ったら見違えるほどです。代表的な戦士のポーズ一つとっても全然違う!! なにより、ご本人が一番その違いを実感して下さっているのが嬉しい限り。

「前の方が楽だった」

なんて。。。 褒め言葉ととらえております♡

決して負荷をかけた筋トレをしているわけではなく、ホットヨガの様に部屋を暑くしているわけでもなく、これまでやってきたようなヨガのフローを行っているのに、汗だくになって皆さん帰って行かれるのを見送るのが趣味になり始めた今日この頃★ 次回お会いするときに、筋肉痛になった部位を確認するのが、毎回の楽しみです♪

 

□ ■ □ ■ インスタグラムでは、ちょこちょこと日常&妊産婦情報を更新中です□ ■ □ ■

Instagram

リンク会社
産後メニュー