STOKKE, bugaboo bee3, air buggy – ベビーカー選び

出産準備の山場の一つ、ベビーカー。私達もご多分に漏れず、色々なベビーカーを行ったり来たりしました。
使用環境や優先事項など、個人個人全く異なるので個人差が大きいと思いますが、私達がベビーカーを選んだ経緯と基準をご紹介します。同じように探してらっしゃる方の参考になれば嬉しいです♪

一通りのベビーカーにまずは目を通し、スペックなどを比較した上で、下記4種類が私達の最終的な候補でした。
・Bugaboo Bee3
・Peg Perego Si Switch
・Aprica LUXUNA
・babyzen 0+

□ 利用環境
・自宅近辺は坂が多い
・車移動(タクシー含む)が多い、電車は時々、バスはほぼ利用しない

□ 重視した点
・生後1ヶ月から使用可能
・走行性、安定感

私たちがたどった候補ベビーカーの推移と、判断基準はこちら。

候補の推移
stokke

bugaboo bee3

babyzen yoyo+

aprica LUXUNA

Peg Perego Si Switch

 

stokkeは早々に断念

当初stokkeがデザイン的にも好みでした。生地感や新生児用のハイシート具合もドンピシャタイプ♡
ということで、真っ先に見に行ったのですが、結論から言うとかなり大きく、「タクシーによっては後ろに入らない場合もある」と店員さんに教えてもらい、一発撃沈。そこから、私たちのベビーカー探しはスタートしました。
もちろんstokkeベビーカーにはいいところも沢山あるのですが、ここでは割愛します。
ちなみに、六本木ヒルズだと、ストッケのエクスポローリーがレンタルできるので、もし実際にお子様と一緒に試したい、という方は体験できますよ♪

002

事前にチェックしていたbagaboo bee3も同日にチェック。stokkeを見た後だと、相対的にコンパクトに見え、走行性もばっちり。開閉の操作に若干手間取りましたが、友人達が使っているのを見ていたので、これも慣れれば大丈夫と判断していました。荷物入れも大きくて沢山入りそうな点もgood!
新生児のうちは、ビー3キャリーコットがあれば、実家などに戻る場合も便利だね、なんて話しながら。

3103

 

3輪ベビーカーは、後輪を持ち上げた時に不安定でAir Buggyも断念

同じ店舗内にAir Buggyもあったので、こちらもチェックしてみました。エアタイヤも大きく、サスペンションなどもしっかりしていて、走行感がとってもスムーズ。3綸のためか、座面はゆったりしているのに、全体多的にスマートに見えるデザインもとても素敵でした。
ただ、7kgのベビー人形を入れて店内をうろうろしていた際、店員さんに、前輪、後輪の持ち上げ(段差の際の操作)を勧められやってみたところ、後輪を持ち上げた際、とても不安定になってしまいました。これは、身長+ハンドルのバランスや、腕力の問題などもあると思います。少なくとも私は、前輪のタイヤ一つで後輪を持ち上げるとぐらぐらしてしまい、これで荷物を持っていたり、シート下に入れたりしているともっと難しいかな、と判断しました。ちなみに、主人は特に問題ありませんでしたので、個人差があると思います。
実際に、自宅周辺などで、前輪/後輪を持ち上げる程の段差がどの程度あるのか、正直今の段階ではわかりませんが、逆に言えば買って実際に使うまでわからないことでもあるので、買ってから段差の度にグラつくのも不安だと判断。
この経験から、私達の選択肢からは3輪のベビーカーは排除されました。

babyzen、aprica、peg peregoの続きはこちら

 

 

□ ■ □ ■ インスタグラムでは、ちょこちょこと日常&妊産婦情報を更新中です□ ■ □ ■

Instagram