メルシーポット - 赤ちゃんの電動鼻水吸引器に救われました笑

 

風邪もはやり始めるこの季節。
うちの娘もばっちり風邪をひきまして。。。
かれこれ2週間ほど咳と鼻水が苦しそうです。
大人のように、鼻をかんだり、痰を吐き出したり、薬を飲んだりすることができない赤ちゃんの風邪って、本当に見ていてかわいそう(泣)。

これまで、鼻水は出産準備で買っていた、ピジョンの口で吸うタイプのものを使っていました。

ただ、お手軽な分、吸う親が脳貧血になりそうになったり笑、ノズルが短いのでかなり接近戦になったり、かなり鼻水の量が多いと、吸った後でもまだずるずる。。。
なにより、親子感染のリスクがあるので、ちゃんとした風邪対策としてはあまり十分とはいえませんでした。

 

自動吸引器のおかげで、口を閉じて呼吸する娘が戻ってきました笑

始めは鼻水の量もそこまで多くなかったので、こまめに吸ってあげていれば何とかなっていたのですが、ある朝突然鼻提灯を作り、大量の鼻水が。
吸っても吸ってもずるずるで、口呼吸している娘もかわいそう。。。

ということで、電動の吸引器を購入。
私が選んだのは、ベビースマイルのメルシーポット。

娘の症状も急に変わったので、amazonプライムでオーダー。
次の日について早速大活躍。amazonプライム様様です笑

ついてすぐ、恐る恐る主人とやってみたら、取れる取れる。
なにより、とっても楽で、私一人でも簡単にできるのが助かります。

3-5秒程度を数回繰り返す、とのことで、角度を変えながら何回かやると、気持ちいいほど取れます。
(私たちも脳貧血になることなく笑)

吸引力も3段階調整できるので、様子を見ながら。
私たちは1-2で娘に使っていますが、十分吸い取れています。

そして、吸い終わった後、娘が口を閉じ無音で呼吸している姿を見て感動。
大げさなようですが、いつもの娘が帰ってきたー!という感じです。
慣れてくると、娘もあまり嫌がらないので、二人がかりで娘の頭を押さえて口で吸っていたのが嘘のよう。

主人もほっとした表情♡

ご参考までに、お手入れも、チューブやポットの取り外しも楽なので、簡単に洗えて衛生的です。
使用する前後に水を吸引しておけば、鼻水がチューブの中にこびりつくこともありません。
口で吸うタイプも毎回水洗いしていたことを考えれば、手間が増えた印象は特になし。

ちなみに、なぜこんな大きなポットがついているのかというと、決してこんなに大量の鼻水を吸い取るわけではなく(笑)、前述のように使用前後に水を吸引するので、その水が溜まっていくためです。

 

赤ちゃんの中耳炎になりやすいので、鼻水は注意が必要

赤ちゃんは大人と違ってまだ耳管が短く太いので、鼻水に含まれた菌やウイルスが耳に入りやすく、結果的に中耳炎になりやすいです。
なので、鼻水は放ってしまわずに、なるべくこまめにとってあげる必要があります。
とはいっても、鼻をかめるわけではないので、こういった吸引器を使って助けてあげるのが一番。

あまり量が多くない場合は、口で吸うタイプでも十分かとは思いますが、今回はこの自動吸引器に救われました!

赤ちゃんはまだ免疫もなく、風邪をひいても症状がひくまでにとても時間がかかるので、適切な処置をしてあげることは大切ですね。

同じような赤ちゃんの症状に悩んでらっしゃる方のお役に立てばうれしいです♪

 
 

☆関連記事☆
・新生児期の生活リズムについてはこちら
・生後8週間の生活リズムについてはこちら
・生後4か月の生活リズムについてはこちら
・赤ちゃん就寝のためのお役立ちグッズはこちら

 

□ ■ □ ■ インスタグラムでは、ちょこちょこと日常&妊産婦情報を更新中です□ ■ □ ■

Instagram